審美歯科

◆審美歯科 美しさは口元から◆

◆審美歯科 美しさは口元から◆

あきやま歯科医院ではまず『痛くなくしっかり食べられる』というお口の機能回復を第一に考えて治療を進めていきますが、現代の価値観では『見た目』も重要な機能の一部であると考える方も増えてきています。口元の審美性を含めたトータルな機能回復をしていくのが審美歯科です。一部保険外治療となるものもありますので、治療費用や回数など詳細に説明し、納得していただいたうえで治療を進めていきます。

◆メタルフリー歯科 治療歯科用金属を全く使わない治療◆

◆メタルフリー歯科治療
歯科用金属を全く使わない治療◆

近年、歯科材料や治療法の進歩により、従来では強度の面から歯科金属を使わなければできなかった差し歯や冠やブリッジなどのほとんどの歯科治療で歯科用金属を使わない(メタルフリー)治療が可能になりました。

メタルフリー歯科治療の大きな利点は2つあります。まずはその審美性の高さです。歯科用金属を全く使わないことで、より高いレベルで透明感のある歯の自然な色調の再現が可能になります。また歯ぐきや歯根の黒ずみも起こりません。もうひとつは歯科金属アレルギーの方への対応が可能であることです。アレルゲンを含む歯科用金属を除去し、メタルフリー歯科治療を行うことで症状の緩和が期待されます。

より高い審美性を求める方や歯科金属アレルギーの対応を考えている方はあきやま歯科医院にお気軽にご相談下さい。

◆審美歯科トリートメントガイド◆

《一般的な保険内治療と審美歯科治療の比較》
前歯の被せ物(冠、差し歯)は保険内治療でも表側の部分は白い冠を入れることはできます。保険内治療の白い部分は硬質レジンという歯科用のプラスチック材料です。硬質レジンは自然な感じの歯の色調を再現するのは困難で、経年変化により変色が大きくなる傾向があります。また強度にも不安があります。
保険外のセラミックス系材料は硬質レジンに比べ、透明感のある自然な歯の色調再現性に優れ、変色もせず、強度も高い安定した材料です。代表的な被せ物がメタルボンド(陶材焼付前装冠)です。金属アレルギー対応やより審美性の高いメタルフリー治療にはオールセラミックス(ジルコニア)冠を使用します。また保険内材料の硬質レジンの審美性や強度を改善しセラミックス系材料により近づけたハイブリッドセラミックス(高強度ハイブリッド型硬質レジン)も奥歯の治療では費用的な面からも有効です。

◆奥歯の被せ物◆

保険内治療の金属冠
保険内治療の金属冠
セラミックス冠
セラミックス冠

◆奥歯のブリッジ◆

保険内治療のブリッジ
保険内治療のブリッジ
セラミックスブリッジ
セラミックスブリッジ

◆審美歯科治療例◆

審美歯科治療前

古い金属の周囲が少し虫歯になっています。
古い金属の周囲が少し虫歯になっています。

審美歯科治療後

金属と虫歯の部分を除去し歯と同色の材料を詰めました。この治療は1回で終了し、健康保険も適応されます。
金属と虫歯の部分を除去し歯と同色の材料を詰めました。
この治療は1回で終了し、健康保険も適応されます。

審美歯科治療前

金属の冠と詰め物が入っています。
金属の冠と詰め物が入っています。

審美歯科治療後

冠と詰め物をセラミックス製のものと交換しました。この治療は保険外治療になりますが、自然な感じで治療してあることはほとんど分かりません。
冠と詰め物をセラミックス製のものと交換しました。
この治療は保険外治療になりますが、自然な感じで治療してあることはほとんど分かりません。

審美歯科治療前

かけた前歯がかなり目立ちます。
かけた前歯がかなり目立ちます。

審美歯科治療後

歯を一層削りラミネートベニア修復をしました。歯を削る量は最小限で、前歯の形態及び色調を改善しました。
歯を一層削りラミネートベニア修復をしました。
歯を削る量は最小限で、前歯の形態及び色調を改善しました。

《審美歯科治療価格のご案内》

詰め物 セラミックインレー 3万円
被せ物 ハイブリッドセラミックス前装冠 6万円
メタルボンド(陶材焼付前装冠) 8万円
オールセラミックス(ジルコニア)冠 10万円
オフィスホワイトニング 初回2万円、
2回目以降1万5千円
ホームホワイトニング 2万円

※上記価格は平成28年9月現在の消費税抜きの参考価格です。

◆審美歯科Q&A◆

Q1:前歯の差し歯が古くなって色が気になります。新しいものにするのに何回くらい通院が必要ですか?

A1:お急ぎであれば最短で2回の通院で新しい被せものに取り替えることが可能です。ただしそれは被せものを入れる歯自体や周囲の歯茎に問題がない場合です。個々の歯や歯茎の状態によりますが、追加処置が必要な場合は2、3回程度プラスして考えて下さい。

Q2:セラミックの歯は長持ちしますか?

A2:各種セラミックの歯は色調的には経年変化はほとんどありません。耐久性においても、被せものであれば十分な強度を兼ね備えています。長持ちさせるためには、材料的な問題以上にお口の環境が重要です。歯周病が進行し歯茎がやせてしまったり、歯の根の部分に虫歯ができてしまうと寿命を短くしてしまいます。あきやま歯科医院ではお口の状態を良好に維持し、入れた歯を長持ちさせるためにも定期的な検診をお勧めしています。

Q3:子供の頃にぶつけて治療した前歯の色が気になります?

A3:歯の中の神経がないと歯の色は徐々に暗く変色していく傾向が見られます。神経のない歯の変色は程度にもよりますが、ホワイトニングだけでは対応困難な場合も多くあります。その場合は歯を削る処置にはなりますが、セラミックの歯で自然な色調を回復することをお勧めしています。

ご質問がございましたら、お気軽に歯科無料メール相談をご利用ください。

◆ホワイトニング 歯を削らずに白くします◆

◆ホワイトニング 歯を削らずに白くします◆

ホワイトニングは審美歯科治療を進めるうえで必ず検討しなければならない方法です。なぜならば歯を削らずに白く出来るからです。かぶせ物や詰め物は白くできない、効果に限界がある等の制約はありますが、ホワイトニングだけで審美性の改善が可能なケーも数多くあります。

あきやま歯科医院では最新のオフィスホワイトニングをはじめとした豊富なホワイトニングメニューを取り揃え、審美歯科治療の幅を広げています。

◆歯科矯正治療 歯を動かして歯並びをきれいにする◆

◆歯科矯正治療
歯を動かして歯並びをきれいにする◆

歯並びは歯にかぶせ物を入れたりして整えることはある程度可能ですが、やはり限界があります。歯並びの大きな乱れを治すには歯自体の位置を動かす矯正歯科治療が適しています。

以前は歯科矯正治療は若年者の治療というイメージが強かったのですが、現在では周囲の人に気付かれない治療法も確立され、成人の方も治療を受けやすくなっています。また矯正歯科治療と審美歯科治療を組み合わせることにより、機能性・審美性のより高い治療も可能となります。

◆インプラント治療 審美性と機能性を兼ね備えた最新の歯科治療法◆

◆インプラント治療
審美性と機能性を兼ね備えた最新の歯科治療法◆

インプラント治療は不幸にも歯を喪失してしまったところに人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療法です。今までは両隣の歯を削る必要のあるブリッジや取り外し式の入れ歯でしか対応できなかった場合でも、インプラント治療であれば審美性と機能性を兼ね備えた歯科治療が可能です。

顎の骨にしっかりと固定されるインプラント治療なら、まるで自分の歯のように食事をすることができ、また見た目も自分の歯のように自然ですので、人前でも口元を気にせず、食事や会話を楽しむことができます。

ご予約

診療予約は電話・インターネットのどちらでも受付しています。
またご質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい。

TEL:0422-72-0220

インターネット予約はこちら

無料メール相談も受け付けています。歯の痛みやお悩みはお気軽に何でもご相談ください。